障がいのある人の理解のためのエピソード
水仙福祉会では、利用者本人の言葉にならない意志や感情、気持ちをくみとりながら支援を行なっております。このページでは、障がいのある人の理解に資するべく現場からのエピソードを紹介しています。

エピソード〜その十九〜 「気持ちがわかった喜び」 NEW
 会報「第45号 共に生きる」より(平成29年3月発行)


エピソード〜その十八〜 「想いはちゃんと伝わる」 NEW
 会報「第44号 共に生きる」より(平成28年9月発行)


エピソード〜その十七〜 「支援者の仕事」 NEW
 会報「第43号 共に生きる」より(平成28年3月発行)


エピソード〜その十六〜 「P君からもらった勇気を笑顔にかえたい!」 NEW
 会報「第42号 共に生きる」より(平成27年9月発行)


エピソード〜その十五〜 「『僕を受け止めて』保育のなかで感じた子どもの思い」
 会報「第41号 共に生きる」より(平成27年3月発行)


エピソード〜その十四〜 「『すみません』から『ありがとう』に変わって思うこと」
 会報「第40号 共に生きる」より(平成26年9月発行)


エピソード〜その十三〜 「信頼できるかどうか私が試された時」
 会報「第39号 共に生きる」より(平成26年3月発行)


エピソード〜その十二〜 「すうじのうたがしたい!」
 会報「第38号 共に生きる」より(平成25年8月発行)


エピソード〜その十一〜 「ぼくも一緒に」
 会報「第37号 共に生きる」より(平成25年2月発行)


エピソード〜その十〜 「思いを相手に伝えたい!〜Kさんとのコミュニケーション〜」
 会報「第36号 共に生きる」より(平成24年8月発行)


エピソード〜その九〜 「気持ちが通じ合えたぁー!」
 会報「第35号 共に生きる」より(平成24年2月発行)


エピソード〜その八〜 「認められることで自信をつける〜職場から」
 会報「第34号 共に生きる」より(平成23年7月発行)


エピソード〜その七〜 「1年目職員の気づき」
 会報「第33号 共に生きる」より(平成23年1月発行)


エピソード〜その六〜 「相談することの大切さ」
 会報「第32号 共に生きる」より(平成22年7月発行)


エピソード〜その五〜 「自分の話やから、自分にもちゃんと言ってほしい」
 会報「第31号 共に生きる」より(平成22年2月発行)


エピソード〜その四〜 「嫌なことをイヤと言えないつらさ」
 会報「第30号 共に生きる」より(平成21年8月発行)


エピソード〜その参〜
 会報「第29号 共に生きる」より(平成21年2月発行)


エピソード〜その弐〜 「自分のことは、自分で決めたい」
 会報「第28号 共に生きる」より(平成20年8月発行)


エピソード〜その壱〜 「今、どうしても必要な自己主張 Aさん」
 会報「第27号 共に生きる」より(平成20年3月発行)

トップページに戻る
すいせん後援会事務局
〒555-0033 大阪市西淀川区姫島6-3-5(風の子そだち園内)
TEL:06-6475-7325  050-3541-8074 FAX:06-6475-7321 Mail:kazenoko_sodachien@suisen.or.jp