2017年度

受付日 : 5月18日
申出者 : 利用者
内容 : 「先々言わないでほしい。子どもでないんやから。自分のことは自分で決めてできるんやから」と訴える。
対応 : 直接その場で利用者の方が担当職員に注意をしてくれたので、その場で心から謝罪をした。
対策 : 職員も良かれと思って伝えていたことが、相手にとって子ども扱いされているように感じていたことなどを終礼等で全体に伝えた。


受付日 : 6月20日
申出者 : 地域住民
内容 : 送迎バス(送り)の停留所で利用者を待っているヘルパー同士の話し声がうるさい。注意してほしい。
対応 : 注意がいき届かなかったことを謝罪して、連絡いただいたことへのお礼を言う。
対策 : 責任者よりヘルパーステーションの責任者へ電話。対象へルパーに注意喚起していただく。


受付日 : 6月29日
申出者 : 地域住民
内容 : 換気扇のファンの音がうるさい。
対応 : 音のする場所、音の大きさ等状況を確認し、謝罪した。
対策 : 夜間は住宅に隣接している側の換気扇を使用しないことにした。


受付日 : 11月8日
申出者 : 利用者
内容 : 「○○の職員は、『お仕事しよう』といつも言ってくる。何か命令されている気持ちで嫌になる。もっと『お仕事しましょうね』とやさしい言葉で言ってくれるとやる気も出てくる」と訴える。
対応 : 園長、本人、担当職員で話し合う。きつい言い方については、担当から本人に謝罪をした。
対策 : 虐待研修を全体で行ない、どんな言い方が本人を傷つけることになるのか等、具体的事例を出し合いながら検討した。


受付日 : 3月23日
申出者 : 利用者
内容 : 「僕は事務所に入ると職員から『クラスの職員が待ってるよ。お仕事しよう』と言われる。でも、○○くんはいつも事務所に入って職員が話を聞いてくれる。ずるい、僕だって同じように話を聞いてほしい」と訴える。
対応 : 園長、本人、担当職員で話し合った。
対策 : 本人と個別に話を聞く機会を定期的に持つことになった。

戻る
トップページに戻る
運営主体
社会福祉法人 水仙福祉会
風の子そだち園 〒555-0033 大阪市西淀川区姫島6-3-5
TEL:06-6475-7325  050-3541-8074 FAX:06-6475-7321