和紙作り

牛乳パックから、和紙のハガキを作っています。牛乳パックを材料にすることで、リサイクルにもつながります。ミキサーで砕いた牛乳パックから和紙すきを行なう作業は、古き良き時代の和紙職人さながらです。完成した和紙は保護者向けの絵てがみ教室でも使われます。

新商品のメッセージカードはイチオシ!和紙ならではの良い味が出ます
まずは牛乳パックのラミネートをはがします。和紙はチームワーク!
ハサミを使って小さく切っていきます
ミキサーでかけたものをいよいよすきます!達人は和紙すきもお手のもの、1回でこの通りです
ミキサーでかけたものをいよいよすきます!達人は和紙すきもお手のもの、1回でこの通りです
作業は分担して取り組むので、みんなそれぞれの役割に誇りを持って取り組んでいます

戻る
活動ページに戻る     トップページに戻る
設置・運営主体
社会福祉法人 水仙福祉会
ワークセンター豊新

〒533-0014 大阪市東淀川区豊新2-7-3
TEL:06-6990-8270  050-3541-8076 FAX:06-6990-8271