ハロウィンやクリスマスなど海外の行事が今日本でも盛んに行なわれています。一方で、日本の伝統行事について家庭では行なわれなくなったものも少なくありません。
水仙福祉会の各施設では古き良き(意味のある)日本の伝統行事を継承すべく、利用児・者とともに行事に取り組んでいます。
なお、もちろん海外からの行事もみんなで楽しんでいます。

節分
節分とは、大抵2月3日頃の立春の前日に当たる日に行なわれる、日本の伝統行事のことだそうです。節分とは各季節の始まりの日(立春、立夏、立秋、立冬)の前日のこと、「季節を分ける」ことも意味している。江戸時代以降は特に立春の前日を指す。季節の変わり目とは邪気(鬼)が生じると考えられており、豆撒きとは邪気(病や災いを引き起こすと考えられている悪い気)を追い出すと同時に、福つまり幸福を招き入れ、家族の健康と長寿を願うために家の内外に豆をまく、という習慣だそうです。
風の子そだち園では創作活動で豆まきに使用するお面を手作りしました。思い思いの鬼のお面が完成しました。昼食に恵方巻きを今年の方角、南南東を向いて食べました。



お正月
「餅花」を作りました。餅花は1年の五穀豊作を祈願する意味を持つとされ、枝垂れ柳を使って稲穂の垂れるかたちをつくり豊作を表現しています。また、正月ということで各グループで書き初めもしました。書き初めとは、年が明けて初めて毛筆で書や絵をかく行事に行なわれ、若水で墨を摺りに向かって詩歌を書く習慣があったとのこと。もともとは宮中で行なわれていた儀式でしたが、江戸時代以降庶民にも広まったようです。風の子そだち園では今年したいことや目標など、それぞれ個性豊かな「書」ができあがりました。


ひな祭り
今年も大きな七段飾りを出しました。その中に飾られている「菱餅」ですが、その色には意味があるのだそうです。一般的なものは緑・白・桃の3色ですが、風の子そだち園の菱餅は、下から白・緑・桃、そこに黄色と緋色が加わった5色のものでした。白は雪、緑は春の息吹のヨモギ、桃は桃の花を、そして、黄色は月、緋色は太陽を表すそうです。雪の上にヨモギや桃の花の生命が感じられ、それを見守る月と太陽といったイメージです。穢れのない清らかさ、新緑の健やかさ、桃の魔除けを意味する願いが込められていたそうです。


端午の節句
5月5日はこどもの日と呼ばれていますが、もともとは端午の節句。桃の節句が女の子のお祝いの日、端午の節句は男の子のお祝いの日という認識も強いのではないでしょうか。江戸時代、家の後継ぎとして生まれた男の子が無事成長していくことを祈り、一族の繁栄を願う重要な行事と考えられてきたのだそうです。よく、兜や鎧を飾ると言いますね。この、兜や鎧を飾る風習には、“自分の身を護る”という意味が込められていることから、現代では交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという願いも込められています。風の子そだち園では創作の活動で5月飾りを作りましたよ。


七夕
7月7日の七夕に向け、風の子そだち園でも活動で七夕飾りを創作しました。作業隊に丹波の笹を持って帰ってきてもらい、各グループで各々思い思いいに願い事を短冊にしたためました。七夕というと織姫と彦星の伝説が有名ですが、古来日本では、先祖を祭る前の「禊(みそぎ)」を意味する行事だったようです。乙女が神に供える織物を織りあげ、豊作の祈りを込めて捧げていたそうです。

戻る
トップページに戻る
設置・運営主体
社会福祉法人 水仙福祉会
風の子そだち園 〒555-0033 大阪市西淀川区姫島6-3-5
TEL:06-6475-7325  050-3541-8074 FAX:06-6475-7321