めざすもの
方針

学齢期は、子どもから大人へと、心身ともに大きく変化する大切な時期です。風の子児童館子どもの家では、子どもの人権と主体性を尊重し、子どもの成長を支え、知性や感性を豊かに育てることを支援します。児童館と保護者は子どものよき理解者として共に手をつなぎ、子どもたちにとってよい環境をつくることを目指します。


目標
@ 子ども一人ひとりの個性を理解し、かけがえのない主体として受け止める。
A ことばをはじめ、意思や要求を表現する力を育て、より良い人間関係を築いていく。
B 人と相談したり自分で考えたりしながら、物事の判断や工夫する力を養う。
C 地域の高齢者との交流を通して先人の知恵から学び、生きる力を身につける。
D 自然とのふれあいを通して、自然の恵みといのちの大切さを知る。


大切にしていること
家庭的な雰囲気のなかで、子どもたちが安心して過ごせる場にします。
大人を信頼し、安心して相談したり頼ったりできるような関係を大切にします。
一人ひとりの子どもが自発的に活動し、充実感や意欲、自信や自尊感情を持てるように支援します。
子ども自身が「自分は大切にされている」と実感し、自分のことを大切にすると同時に他人への思いやりや優しさを持てるよう、働きかけます。
子どもたちが直面する問題を、保護者と一緒に考えます。


トップページに戻る
設置・運営主体
社会福祉法人 水仙福祉会
風の子児童館子どもの家 〒533-0004 大阪市東淀川区小松1-15-27
TEL.06-6320-0030 FAX.06-6328-4030