おもちつき

毎年恒例のおもちつき大会、今年は風の子保育園の園庭で行ないました。これは新年を迎えるために受け継がれてきた伝統文化を子どもたちに知ってもらい、楽しむことを目的にしています。年長児は実際に杵を持ち、お餅をつきました。その様子を年少・年中児、そして保育園の乳児クラスと風の子ベビーホームの子どもたちが見守り、餅つきのリズムに合わせてみんなで「もちつきぺったんこ♪」と歌いながら応援しました。また、職員とともにご協力いただいたお父さんお母さんの威勢のいい餅つきの姿には、子どもたちも釘づけ!さらにお母さんたちにはつきたてのお餅をていねいに丸めていただきました。そして、幼児クラスはお昼ごはんにつきたてのお餅を食べ、そのやわらかい食感に夢中になる子どもがたくさんいました。最近はおもちつきなどをする機会が減ってきているだけに、このような伝統行事を大切にしてこれからも一緒に楽しんでいきたいです。

抜群のコンビネーションで、ぺったんぺったん(5歳児)
おもちのできあがり!
おもちってどんな感触??(4歳児)
興味津々です♪(1歳児)
園長先生もおもちつきに参加されました!

もどる
年間行事ページにもどる     トップページにもどる
設置・運営主体
社会福祉法人 水仙福祉会
風の子保育園 〒533-0004 大阪市東淀川区小松1-11-8
TEL.06-6328-4019  050-3385-0072 FAX.06-6328-4030