1日のようす

1日の流れ
写真をみる



7:00 登園
視診・連絡ノート提出
(0~2才児)
登園次第、自由保育の参加
(3~5才児)
9:30 各クラスにて保育あそび
10:00 午前のおやつ
(0~2才児)
11:30  お昼ごはん

1:00
0~4才児は昼寝開始、5才児は設定保育に参加
年度後半は、4才児もゆるやかな設定保育に参加
3:30 おやつ
4:00 降園・自由保育
6:00 延長保育開始
7:00 閉園


主な活動
写真をみる


園芸
子どもたちで種まき、水やりなどの世話をして直接ふれる機会を持ち、植物が成長する過程を見ます。自然へ目を向けるきっかけにします。
- - - - -
陶芸
子どもたちは粘土遊びや土いじりが大好き!その興味を陶芸にも広げ、本物の作品作りに挑戦する機会を作っています。講師は自身も個展を開く腕前を持つ若手陶芸家で、内容は自由作品と課題作品を織り交ぜたものとなっています(2017年11月開始)。
- - - - -
運動あそび
巧技台や跳び箱、マットなどをします。秋の運動会へ向けての取り組みだけでなく、子どもたちが喜んで体を動かして挑戦します。
- - - - -
食育
与えられたものを食べるのではなく、様々な食材を知ったり、作り方を経験します。
- - - - -
絵本
絵本を読むことによって想像力も豊かになり、ことばにも興味を持ちます。見たり聞いたりしながらイメージを広げ、ごっこ遊びや劇遊びを楽しみます。児童文学や絵本に詳しい講師を迎え、子どもたちの興味、成長に合わせた絵本の読み聞かせをしていただきます。
- - - - -
散歩
公園や堤防、商店街などに行きます。いろいろな場所を知ったり、いろいろな発見をすると共に、足腰をきたえ丈夫な体を作っていきます。
- - - - -
製作
様々な素材や用具を使って、製作活動や描画活動をしています。子どもたちの作品には、その時の気持が表現されます。子どもたち自身が自由に表現することによって気持を整理する場にもなっています。
- - - - -
音楽
歌を聴いたり、踊ったり、いろいろな楽器にふれて楽しみます。体をつかってリトミックやリズムを楽しんだり、歌や詩に触れ、ことばのおもしろさや美しさを楽しみます。
- - - - -
交流保育
他クラスとの交流、風の子ベビーホームや風の子児童館、水仙の家、淡路こども園など、年齢や環境の違う人たちとふれ合う機会を持ちます。また、地域でのお祭りなどにも参加しています。


保護者との交流

ふれあいノート
家庭と園をつなぐノートのことです。お子さんに関する悩み、家庭での様子、またお父さんやお母さんの想い等を書いていただいて、クラス担任との交流を深めていきます。

戻る
トップページに戻る
設置・運営主体
社会福祉法人 水仙福祉会