2017年発達講座「本人主体の支援とは〜意思決定支援の『落とし穴』〜」

 障がいのある人の意思を尊重することがますます重視されるようになっています。しかし、行動障がいの激しい人や意思表現が弱い人の場合、その真意を汲み取るのは大変難しいことです。本人の言う通りしているのに怒りだす、本人に合わせているときりがない…。周囲の人の目に『問題」と映っている行動は、本人の切実な思いの表れかもしれません。表面的な「Yes」「No」ではなく、幼児期・学齢期から成人期と、自分の思いを率直に伝えられるようになるには、どのような支援が求められるのでしょうか。真の意味での「意思決定支援」のあり方について理解を深めたいと思います。

日時 : 2017年12月16日(土)
午前9時45分〜午後4時30分 (開場 午前9時30分)
会場 : 大阪府教育会館 たかつガーデン 8階「たかつ」
(大阪市天王寺区東高津町7-11 пF06-6768-3911)
対象 : 福祉施設職員、教師、保育士、幼稚園教諭、学生、
ご家族、その他関心のある方
内容 :
講演T 柴田洋弥
「障がいのある人の意思決定支援について〜歴史的経緯と基本的考え方〜」
講演U 稲垣亮祐
「自己意思決定における人の判断能力について考える
 〜精神科医療の立場から〜」
事例報告 行動障がいのある人への意思決定支援
 社会福祉法人水仙福祉会の障がい児者施設での現場実践から
パネルディスカッション
 柴田洋弥、稲垣亮祐、松村昌子、ほか
                        コーディネーター 岩崎隆彦

詳細はチラシをご覧ください。< 表面裏面 (PDFファイル) >
参加費 : 【一般】3,000円 【学生】1,000円
※学生の方は当日学生証を必ずお持ちください
※受講料は返金できません、代理出席は可能です
定員 : 200人
※定員になり次第締切らせていただきます
申込み方法 : メールフォームまたはFAXにて
詳しくはこちら
締切 : 12月11日(月)
問合せ : アイ・サポート研究所
〒533-0004 大阪市東淀川区小松1-13-3 水仙福祉会内
<TEL>06-6327-7675 <FAX>06-6327-7676 <E-mail>i_support@suisen.or.jp



上に戻る
発達講座ページに戻る     トップページに戻る