子どもたちが帰ったあと、事務室ではスタッフが「今日のできごと」「子どもの様子」など感じたことを話します。きっちりと場を設けて討議や会議をすることはもちろん大切ですが、休憩タイムにお茶を片手にふと生まれる会話もとても大切な時間の一つ。その時に感じている喜びや悩み、疑問などを先輩や後輩と話すことでスタッフ同士のコミュニケーションがとれ、さらにより良い保育へとつながっていきます。そんな時間を少し覗いてみましょう!

- + - + - + - + - + - + - + -

今回話題になったのは、約4年前から淡路こども園に通っているAちゃん。通い始めた当初はかなり緊張が強く、なかなかこども園にもクラスのお友だちにも馴染めませんでした。スタッフは個別での関わりや家庭訪問などを重ね、ゆっくりと時間をかけてAちゃんに寄り添い、少しずつ変わっていくAちゃんの成長を見守ってきました。



※できる限りそのままの口調で表現しております。

今日さぁ、Aちゃんさぁ、朝一は目全然合わせてくれへんかってんけど、なんかちょっとだけ時間経ったら、めっちゃ『抱っこ抱っこ』って言って甘えてくるようになり

言ってましたね

あの2年前の時には考えられへん感じの

確かに、私とお母さん以外の大人にはおびえてましたもんね

おびえて『イヤ!イヤ!もうイヤ!もぉ〜』って言って、絶対一緒にごはんも食べてくれへんし

背中に隠れてましたもんね私の

そうそう!絶対に近くに来てくれへんくって、半年経たんくらい?から若干気を許してくれてごはんは一緒に食べるみたいな

そうですね。Bちゃんとか来てからですよね

うんうん。一緒にごはん食べるってなって、ちょっと仲良くなったなぁって思ったら、次の年にクラス離れてさ…また目合わせてくれへんねやなぁ

廊下から部屋を覗いた時の、窓越しの笑顔だけね(笑)

そうそう!部屋におるAちゃんが窓から『おーい』って呼んでくれるのに私が入ったら”ちーん”ってなって『イヤ!もうイヤ!』ってなって

ありましたねー

“話しかけるな”の『もうっ!』って言ってたあのAちゃんが、今日はなんとニコニコしてくれ、めっちゃ私のとこに来てくれてんな
しかも最近『見て!見て!』っていろいろ褒めてほしがってること多いよなぁ

あー、わかります。ごはんとかとくにですよね。
なんか最近ごはんはピカピカにすることが自分のなかでうれしいみたいなんですけど、たまにピカピカにするために無理やり食べてないかな?ってなる時もあります

うんうん

お母さんも心配してるみたいなんですけど、野菜もほんまに食べてて。でも最近ごはんとかおかずをひと通り全部バァーって勢いよく食べて終わったらパパパパンッて食器を重ねて『しぇんしぇー、ピカピカしたよー』って(笑)

かわいい!(笑)

って言うから、でも「もういらんの?」って言うたら『はい!』って片付けして、『終わった』って言って遊び始めるんですよ

うんうんうん

あんだけ何も食べず、汁オンリー、もしくは白ごはんオンリーやったAちゃんが

しかもごはんにはふりかけか、ちっちゃい海苔やんな

そうそうそう。ごはん1杯に海苔2袋3袋使ってましたからね(笑)

海苔を半分に切って節約やー言うて、おにぎりにするけど、ごはんのせすぎても食べへんし

うんうん

このごはんの割り合い難しいなって言いながら食べてたあのAちゃんが。海苔使ってないよな?今

もう使ってないです。お魚混ぜ混ぜしたり、野菜食べたり、『ぶた!ぶた』言うて豚肉食べたり(笑)ほんまに広がったなぁと

ほんまにすごいよな!野菜食べれるのはすごいよなと思う

ほんとに。ほうれん草好きなんですって

あ、そうなんや

家でもけっこう食べるって言って

へぇ〜、それはすごいなぁ

ですよね。しかも他の子が食べてるの見て、『私も!』って食べるんですよ。みんなとこうやって食べてるのも、ほんとすごいです!



なぁ、2年前はみんなと一緒が緊張しすぎて、椅子の下で食べとったもんな

椅子の下に潜って出てこれへんから、壁向きに机と椅子を用意して私と2人で食べて、そこから1、2ヶ月くらい?かけながら、じわじわみんなが食べてる机のところまで距離を縮めていって…

ちょっとずつちょっとずつ、よし!みたいな

親子通園日になったら、馴染みのないお母さんたちが多くなるから、また机の下に戻ってたAちゃんが

今はもう全然やな、すごいなぁ

4年半の積み重ねですね

成長やなぁ

ほんとですよねぇ

しかも2年前は、園庭で遊んでてごはんやから部屋に帰ろうって言うても、絶対帰って来ぉへんかったしな。何回誘っても『イヤ!もうイヤ!』って言うてるから、テラスのところから『おーい!』ってごはん見せて

食べるでーって(笑)

「ほら!今日はお肉やからー!」って私が部屋から言うて(笑)

お肉に興味ないってAちゃんが言うて(笑)

あー、嘘やろー、お肉でごはんに誘えんかったら、じゃあごはんどうしよーってなって(笑)懐かしいなぁ

懐かしい。ほんと成長ですね

今はごはん言うたら、おもちゃ片づけてくれるしなぁ

すばらしい

やさしくしてくれるし

おねえちゃまです

ほんとお姉さんになったよね



通い始めた当初は人への緊張と警戒心が強く、なかなかクラスにも馴染めなかったAちゃんでしたが、スタッフは「Aちゃんを知ることから始めよう」とAちゃんのペースに合わせ、一緒に過ごすことでAちゃんにとって安心できる存在となれるように関わりを心がけてきました。
そうした毎日の積み重ねを経て、困った時には助けを求めてくれるようになり、担当スタッフとの関係を基盤に、他のスタッフやお友だちとも遊べるようになってきています。
おもしろいことを見つけてはお友だちを誘って遊んだり、いろいろな大人に甘えられるようになってきたり、そんなAちゃんの姿を見て、担当のスタッフ同士で、「通い始めた頃が懐かしいね」「本当に変わってきたね」と話しています。

戻る
トップページに戻る
運営主体
社会福祉法人 水仙福祉会
淡路こども園 〒533-0031 大阪市東淀川区西淡路5-1-12
TEL.06-6323-6395  050-3541-8072 FAX.06-6323-2856